写真

22日、韓国政府が巨額の予算を投じて月探査用ロケットを開発する中、これまで実際に開発した新技術による収益効果が0.05%にとどまっていることが分かった。資料写真。

2017年10月22日、韓国政府が巨額の予算を投じて月探査用ロケットを開発する中、これまで実際に開発した新技術による収益効果が0.05%にとどまっていることが分かった。韓国・MBCが伝えた。 韓国政府は、2022年を目標とした月探査計画に向け「韓国型ロケット」の開発を進めている。この技術開発には2010年以降1兆ウォン(約1000億円)の予算が投じられており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング