写真

神戸製鋼所のデータ改ざん問題を端に、神戸牛の偽装、日産、スバルの無資格検査などが相次ぎ発覚し、日本の製造業の信用喪失を懸念する声が多く聞かれている。資料写真。

神戸製鋼所のデータ改ざん問題を端に、神戸牛の偽装、日産、スバルの無資格検査などが相次ぎ発覚し、日本の製造業の信用喪失を懸念する声が多く聞かれている。これに関連して、香港のフェニックステレビ(電子版)は30日、日本の製造業で不正が相次いだ原因を分析したコラムを掲載した。以下はその概要。 外国人の多くは武士道精神の影響から、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング