写真

京都外国語大学の学生が協力し、京都の救急車が外国語でアナウンスを流すことになった。写真は京都。

2017年12月5日、中国メディア・観察者によると、京都外国語大学の学生が協力し、京都の救急車が外国語でアナウンスを流すことになった。 京都市右京区の嵐山地区には多くの外国人観光客が訪れるが、道が狭く、日本語だけでアナウンスを流しても救急車が通行しにくいケースが少なくなかった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング