写真

米国が環太平洋パートナーシップ協定から離脱したことを受けて、欧州連合と日本は違う手を打つことに決めた。双方は8日に自由貿易協定の交渉を終え、世界最大の経済開放エリアを構築することを明らかにした。資料写真。

米国が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)から離脱したことを受けて、欧州連合(EU)と日本は違う手を打つことに決めた。双方は8日に自由貿易協定(FTA)の交渉を終え、世界最大の経済開放エリアを構築することを明らかにした。人口6億人をカバーし、グローバル経済のうち30%にあたる経済貿易活動が行われる見込みだ。ロイターによると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング