写真

12日、環球時報は「安倍氏は中国に対して2つの顔を持っているのか?」と題し、中国の専門家が「日本の中国に対する警戒心が消えることはない」と指摘していることを報じた。資料写真。

2018年1月12日、環球時報は「安倍氏は中国に対して2つの顔を持っているのか?」と題し、中国の専門家が「日本の中国に対する警戒心が消えることはない」と指摘していることを報じた。 同紙がまず取り上げたのが、中国のフリゲート艦が尖閣諸島の大正島沖の接続水域に入り、日本が抗議したという件だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング