写真

13日、韓国メディアによると、平昌五輪の警備員らがノロウィルスに集団感染した問題で、原因は調理用地下水の汚染であることが分かった。写真は平昌五輪の会場。

2018年2月13日、韓国メディア・ノーカットニュースによると、平昌五輪の警備員らがノロウィルスに集団感染した問題で、原因は調理用地下水の汚染であることが分かった。 韓国の疾病管理本部は同日、疫学調査の結果を発表し「集団感染の原因は修練院の集団給食とみられ、調理用の水からの汚染である可能性が高い」と明らかにした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング