写真

中国空軍の申進科報道官は9日、中国が独自開発した次世代ステルス戦闘機「殲−20」について、作戦部隊への配備を始め、作戦能力の全面的な構築に向けて重要な一歩を踏み出したと発表した。写真は殲−20。

中国空軍公式微博(ウェイボー)によると、中国空軍の申進科(シェン・ジンカー)報道官は9日、中国が独自開発した次世代ステルス戦闘機「殲−20」について、作戦部隊への配備を始め、作戦能力の全面的な構築に向けて重要な一歩を踏み出したと発表した。中国新聞網が伝えた。 「殲−20」は実戦訓練を段階的に展開していき、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング