写真

13日、平昌五輪のスピードスケート・ショートトラックで中国の4選手が相次いで失格となる波乱が起きた。

2018年2月13日、平昌五輪のスピードスケート・ショートトラックで中国の4選手が相次いで失格となる波乱が起きた。中国中央テレビ(CCTV)は男子の任子威(レン・ズーウェイ)と韓天宇(ハン・ティエンユー)、女子の範可新(ファン・カーシン)と曲春雨(チュー・チュンユー)が失格となったことについて「韓国のリンクは特別寒い」とツイートしており、中国のネットユーザーはこの結果に怒りの声を上げている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング