写真

日本の中華料理は、福建、広東、台湾から日本に渡ってきた人の料理がベースで、それを日本人の舌に合うように発展してきたものなので、中国に行っても必ずしも食べられるとは限りません。写真は筆者提供。

以前、中国駐在の日本人に聞いた話ですが、その人の会社の役員が初めて中国出張するにあたり、「自分は中華料理にはうるさい」と言われたのだとか。現地で受け入れる立場だったその人は、何を食べたいと言われるのかと戦々恐々としていたところ、その役員のリクエストは「天津飯」。ご存知の方も多いと思いますが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング