写真

21日、平昌五輪のスピードスケート・ショートトラックで中国選手が相次いで反則を取られ、失格となっていることから、判定内容の公開を求める声が高まっているという。写真はショートトラック女子3000メートルリレー。

2018年2月21日、中国メディアの騰訊体育は、平昌五輪のスピードスケート・ショートトラックで中国選手が相次いで反則を取られ失格となっていることを受け、判定内容の公開を求める声が高まっていると報じた。 記事は、女子3000メートルリレーについて、「中国はメダル獲得が期待されていたが反則を取られ失格に終わった一方で、韓国は同じような反則行為があっても見過ごされ金メダルを獲得した」と伝えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング