写真

中国外交部の耿爽報道官は22日の定例記者会見で「中国の管轄範囲内のいかなる個人または企業による安保理決議違反の疑いのある行為に対しても、中国側は確実な証拠を掌握したうえで、中国の法規に基づき厳粛に処置する」と述べた。

中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は22日の定例記者会見で「中国の管轄範囲内のいかなる個人または企業による安保理決議違反の疑いのある行為に対しても、中国側は確実な証拠を掌握したうえで、中国の法規に基づき厳粛に処置する」と述べた。 報道によると、日本の外務省は20日、北朝鮮船と漢字を記した小型船が安保理決議違反の疑いのある物資の積み替えを行っているのを見つけたと述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング