写真

21日、新京報によると、中国で「女性優位論」が波紋を呼んでおり、ある女性は「旧日本軍の従軍慰安婦は生き延びたが、男性たちは殺された。女性が性別として優れている証拠だ」と主張し、物議を醸している。写真は中国慰安婦歴史博物館。

2018年5月21日、新京報によると、中国では最近「感情教祖」を名乗る女性が訴える「女性優位論」が波紋を呼んでおり、ある女性は「旧日本軍の従軍慰安婦は生き延びたが、男性たちは殺された。女性が性別として優れている証拠だ」と主張し、物議を醸している。 問題となっているのは、楊冰陽(ヤン・ビンヤン)さん。記事は「楊さんの主張は賛否両論を呼んでおり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング