写真

22日、環球時報は、米中貿易戦争が「休戦」状態になって欧州連合(EU)が慌てている理由について論じた社説を掲載した。資料写真。

2018年5月22日、環球時報は、米中貿易戦争が「休戦」状態になって欧州連合(EU)が慌てている理由について論じた社説を掲載した。 社説はまず、フランスのルメール経済相が20日、「欧州が強硬な立場を示せなければ、米中合意の犠牲品となるかもしれない」と発言したことを紹介した。 その上で「EUは米国、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング