写真

6日に行われたサッカーの天皇杯2回戦、名古屋グランパスと奈良クラブの試合で、主審にPK戦での競技規則適用ミスがあったとしてPK戦がやり直されることになり、日本サッカー協会の理事が頭を下げて謝罪した。この異例の事態が、中国でも注目を集めている。資料写真。

2018年6月12日、日本で6日に行われたサッカーの天皇杯2回戦、名古屋グランパスと奈良クラブの試合で、主審にPK戦での競技規則適用ミスがあったとしてPK戦がやり直されることになり、日本サッカー協会の理事が頭を下げて謝罪した。この異例の事態が、中国でも注目を集めている。 中国のサッカー情報サイト「虎撲足球」は11日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング