写真

河南省鄭州市では7月1日に施行される「鄭州市文明行為促進条例」で、公共の場所での痰吐き、排便、排尿などの行為に対して罰金が科せられることになる。

新華社などによると、河南省省都の鄭州市では7月1日に施行される「鄭州市文明行為促進条例」により、公共の場所で痰吐き、排便、排尿などの行為をして、当局関係者の「自分で清掃するように」との指示に従わない場合に、罰金刑が科されることになる。痰吐きなどに対する罰金が法条文に明記されるのは初めてという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング