写真

16日、観察者網は、「国際免許」をネットで購入した中国人が日本で逮捕されるケースが頻発しているとして、中国大使館が注意を呼び掛けたと報じた。

2018年7月16日、観察者網は、「国際免許」をネットで購入した中国人が日本で逮捕されるケースが頻発しているとして、中国大使館が注意を呼び掛けたと報じた。 在日中国大使館のウェブサイトは16日、「近ごろ中国国民がネット上で不正なルートにより処理された『国際免許』をネット購入して日本で自動車を運転し、日本の警察当局に無免許運転で逮捕される事例が多発している」とし、「国際免許(IDP)はジュネーブ道路交通条約の規定に基づくもので、締約国の各国が発行するIDPを持っていると、他の締約国やIDPを承認している地域で合法的に自動車を運転できる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング