写真

23日、韓国・ニュース1は「『反日種族主義』が2週連続でベストセラー1位…高い関心」と題する記事を掲載した。写真は韓国の書店。

2019年8月23日、韓国・ニュース1は「『反日種族主義』が2週連続でベストセラー1位…高い関心」と題する記事を掲載した。 記事によると、同書の著者は李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大名誉教授ら6人で、韓国の危機の根源は「反日種族主義」にあるとして批判する内容。韓国書店大手・教保(キョボ)文庫の8月3週間のベストセラー順位で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング