写真

20日、韓国・聯合ニュースは、日韓関係が硬直した状態が続く中、日本が2015年にユネスコ世界遺産に登録した「明治日本の産業革命遺産」の2回目となる約束履行経過報告書の提出期限が10日後に迫り、その内容に関心が集まっていると報じた。写真は軍艦島。

2019年11月20日、韓国・聯合ニュースによると、日韓関係の硬直状態が続く中、日本が2015年にユネスコ世界遺産に登録した「明治日本の産業革命遺産」の約束履行経過報告書の提出期限が10日後に迫っており、その内容に関心が集まっている。 記事によると、韓国・文化体育観光部の朴良雨(パク・ヤンウ)長官は19日(現地時間)、仏パリの国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部でユネスコのアズレ事務局長と会談し、「明治日本の産業革命遺産」について「日本政府が登録当時に約束した強制労働施設の情報センター設置などの後続措置が履行されていない」と指摘した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング