写真

18日に蘇州市で行われた女子マラソン大会のレース中に、中国選手に中国国旗が手渡された問題について、新京報は20日、スポーツコンサルタント会社「関鍵之道」の張慶総裁による論評記事を掲載した。

18日に江蘇省蘇州市で行われた女子マラソン大会のレース中に、中国選手に中国国旗が手渡された問題について、新京報は20日、スポーツコンサルタント会社「関鍵之道」の張慶(ジャン・チン)総裁による論評記事を掲載した。 同大会に出場していた中国の何引麗(ハー・インリー)は、ゴールまで残り数百メートルというところでケニア人選手とトップを争っていた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング