写真

米中の対立は次代の覇権争いの様相を呈し、厳しい米中関係が続くと見る識者も多い。米国はじめ世界景気に陰りが見え始めている中、対立が激化すれば経済的な混乱は必至。貿易戦争に勝者はない。日本をはじめ世界中がとばっちりを受けるのではと懸念する。

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が12月1日にブエノスアイレスで会談し、米国が来年1月に予定していた追加関税措置を猶予することで合意した。米国の対中貿易赤字の縮小に向け、中国が米国から大豆などの農産品を早急に購入することや中国が液化天然ガス(LNG)などのエネルギーや産業製品を購入することも決まった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング