写真

カザフスタン・アルマトイで行われたショートトラックのW杯で韓国選手が中国選手を手で押して失格になった騒動を受け、騰訊体育は10日、「韓国選手が手を出す理由」について論じる記事を掲載した。資料写真。

カザフスタン・アルマトイで行われたスピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)で韓国選手が中国選手を手で押して失格になった騒動を受け、中国のスポーツメディア・騰訊体育は10日、「韓国選手が手を出す理由」について論じる記事を掲載した。 同日の女子1500メートル準決勝で、中国の李[王旋](リー・シュエン)に抜かれそうになった韓国のチェ・ジヒョンが左手で李の右腕をつかんで押し、転倒させた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング