写真

矢野経済研究所のアンケート調査によると、自動運転システムを「購入したい」「購入検討したい」と回答した中国人は9割近くで、日米欧に比べ圧倒的に高い割合であることが分かったという。写真は11月に広東省広州市で試験運転が始まった、中国初の自動運転タクシー。

<日中経済・新事情> 関連用語:矢野経済研究所、自動運転、購入意欲、北京、上海/ネオキャリア、福利厚生サービス、香港 ●中国人、自動運転システム「購入したい」「購入検討したい」が9割近く、日米欧に比べ圧倒的に高い割合 超 矢野経済研究所は12日、2018年に実施した中国での自動運転の消費者ニーズについてアンケート調査の結果を発表した。自動運転システムを「購入したい」「購入検討したい」と回答した人が9割近く、日米欧に比べ圧倒的に高い割合であることが分かったという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング