写真

17日、揚子晩報は、中国のバドミントンと卓球がいずれも日本からの「侵食」を受けつつあるとする記事を掲載した。写真はバドミントン。

2018年12月17日、揚子晩報は、中国のバドミントンと卓球がいずれも日本からの「侵食」を受けつつあるとする記事を掲載した。 記事は、16日にバドミントンと卓球がそれぞれワールドツアーのグランドファイナル大会を迎えたと紹介。バドミントンでは男子シングルスで中国の石宇奇(シー・ユーチー)が日本の桃田賢斗を倒して優勝したほか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング