写真

16日、観察者網は、米国務副長官、世界銀行総裁を歴任したロバート・ゼーリック氏が、貿易摩擦により中国に圧力をかける米トランプ大統領の政策を批判したとする、香港メディアの報道を伝えた。資料写真。

2019年1月16日、観察者網は、米国務副長官、世界銀行総裁を歴任したロバート・ゼーリック氏が、貿易摩擦により中国に圧力をかける米トランプ大統領の政策を批判したとする、香港メディアの報道を伝えた。 記事は、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの15日付報道を引用。ゼーリック氏が同日開かれたアジア金融フォーラムで香港を訪れた際に「ロバート・ライトバイザー米通商代表は以前、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング