写真

22日、観察者網は、日本最大手の衛生陶器メーカーであるTOTOの中国事業に「ブレーキがかかった」とする記事を伝えた。写真は日本製の温水洗浄便座。

2019年1月22日、観察者網は、日本最大手の衛生陶器メーカーであるTOTOの中国事業に「ブレーキがかかった」と伝えた。 記事は、18日付の日本経済新聞の報道を引用。まず、「TOTOの2019年3月期の中国事業の営業利益は133億円と前期に比べ27%減少する。中国事業が減益になるのは3年ぶり」と伝えた。また、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング