写真

中国で近年、「いたずらっ子」を意味する「熊孩子」が社会問題化していることについて、華字紙・日本新華僑報の編集長を務める蒋豊氏がこのほど「なぜ日本には『熊孩子』がいないのか」について論じる文章を掲載した。

中国で近年、「いたずらっ子」を意味する「熊孩子」が社会問題化していることについて、華字紙・日本新華僑報の編集長を務める蒋豊氏がこのほど「なぜ日本には『熊孩子』がいないのか」について論じる文章を掲載した。 中国では、長年続いた「一人っ子政策」の影響からわがままに育てられた子どもを指す「小皇帝」という言葉が生まれたが、最近では度が過ぎたいたずらをする「熊孩子」が問題化している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング