写真

20日、環球時報は、「日本の退職自衛官が中国の侵略を予言した」と報じられたことについて、中国専門家の見解を紹介した。資料写真。

2019年2月20日、環球時報は、「日本の退職自衛官が中国の侵略を予言した」と報じられたことについて、中国専門家の見解を紹介した。 記事は、米国・星条旗新聞の18日付の記事を基に、「元航空自衛隊空将の織田邦男氏が、中国は2025年にまず台湾を侵略し、45年には沖縄を侵略する」と主張しているとした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング