写真

世界知的所有権機関(WIPO)がこのほど発表したデータによると、昨年WIPOを通じ提出されたすべての国際特許出願のうち、過半数がアジアからだった。中国、インド、韓国の増加が顕著だ。写真は18日、スイス・ジュネーブで記者会見するフランシス・ガリ事務局長。

世界知的所有権機関(WIPO)がこのほど発表したデータによると、昨年WIPOを通じ提出されたすべての国際特許出願のうち、過半数がアジアからだった。中国、インド、韓国の増加が顕著だ。科技日報が伝えた。 WIPOの特許協力条約(PCT)は昨年、前年比3.9%増の25万3000ノードに達し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング