写真

24日、米華字メディア・多維新聞は「2019年の日中関係最大の焦点、習近平氏は新天皇と会うか」と題し、慶應義塾大学の段瑞聡教授が「実現すれば両国関係のさらなる発展に推進的役割を果たす」との認識を示したと報じた。写真は習氏。

2019年3月24日、米華字メディア・多維新聞は「2019年の日中関係最大の焦点、習近平氏は新天皇と会うか」と題し、慶應義塾大学の段瑞聡(ドゥアン・ルイツォン)教授が「実現すれば両国関係のさらなる発展に推進的役割を果たす」との認識を示したと報じた。 記事はまず、近年の日中関係の改善に言及し、とりわけ昨年の安倍晋三首相の訪中以降、この動きが目立ったと指摘。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング