写真

25日、韓国・イーデイリーは「韓国最高裁の判決が出た後も日本植民地時代の強制徴用被害者への賠償を拒否している三菱重工業の韓国内の資産が差し押さえられた」と報じた。資料写真。

2019年3月25日、韓国・イーデイリーは「韓国最高裁の判決が出た後も日本植民地時代の強制徴用被害者への賠償を拒否している三菱重工業の韓国内の資産が差し押さえられた」と報じた。 韓国の「勤労挺身隊ハルモニと共にする市民の会」と弁護団は同日、「大田地裁が三菱重工業の商標権2件と特許権6件に対する差し押さえ決定を出した」と発表した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング