写真

パキスタンで、中国人による結婚仲介組織が存在し、臓器売買の強要も行っているとの報道があった。中国大使館は事実無根として強く反論した。

パキスタンで、同国女性に中国人男性を相手とする結婚を仲介する中国人の非合法グループが存在し、同グループはパキスタン女性に売春や臓器売買の強要もしているとの報道があった。中国の駐パキスタン大使館は4月13日(現地時間)付で、結婚を仲介する非合法グループの存在を認めた上で、臓器売買は事実無根と強く反論した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング