写真

24日、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が、仮想通貨「ビットコイン」に個人的に投資し、145億円余りの損失を出したことが明らかになったと報じられ、中国でも注目を集めている。写真は孫氏。

2019年4月24日、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が、仮想通貨「ビットコイン」に個人的に投資し、1億3000万ドル(約145億円)余りの損失を出したことが明らかになったと報じられ、中国でも注目を集めている。 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルがこのほど、複数の関係者の話として伝えたもので、孫氏は、ビットコイン投資家として著名な人物の勧めで投資したという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング