写真

26日、参考消息網は、「英国のファーウェイに対する決定に『もつれ合い』」と題する記事を掲載した。写真はファーウェイのロゴ。

2019年4月26日、参考消息網は、「英国のファーウェイに対する決定に『もつれ合い』」と題する記事を掲載した。以下はその概要。 「ファイブ・アイズ」(諜報活動に関する「UKUSA協定」を締結しているアングロサクソン系5カ国の通称)のメンバーである英国の中国・華為技術(ファーウェイ)に対する態度に関心が集まっている。同国では「英国が5Gネットワーク構築へのファーウェイ参入を認めた」と報じられた。ファーウェイは英国で勝利したのだろうか。事情はそんなに簡単なものではない。 この件に関する報道には「もつれ合い」が見られる。ロイターについて言うと、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング