写真

14日、中国メディアの騰訊科技は、韓国のモバイル決済市場はサムスン電子のシェアが80%と独占状態にあると報じた。写真は中国国内のスーパー。

2019年5月14日、中国メディアの騰訊科技は、韓国のモバイル決済市場はサムスン電子のシェアが80%と独占状態にあると報じた。 記事によると、サムスン電子は14日、同社のモバイル決済サービス「サムスンペイ」の累積決済金額が40兆ウォン(約3兆6800億円)に達したと発表した。 15年8月にサービスを開始したサムスンペイの累積決済金額は1年目に2兆ウォンを実現。今年4月末に40兆ウォンの大台を突破し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング