写真

15日、韓国・中央日報は、徴用工訴訟をめぐり職権乱用の罪に問われている元法院行政処次長、林鍾憲被告の裁判で、「外交機密が公開され、韓国の交渉戦略が暴露された」と報じた。資料写真。

いわゆる徴用工裁判の判決を遅らせるなどしたとして職権乱用の罪に問われている元法院(裁判所)行政処次長、林鍾憲(イム・ジョンホン)被告の裁判で、尹炳世(ユン・ビョンセ)前外交部長官が14日に証人として出廷した。韓国・中央日報は15日、この裁判で「外交機密が公開され、韓国の交渉戦略が暴露された」と伝えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング