写真

16日、韓国・中央日報は「日韓の雇用の質と量は正反対だ」として、その実態を報じた。写真はソウル。

2019年5月16日、韓国・中央日報は「日韓の雇用の質と量は正反対だ」として、その実態を報じた。 記事は「最近出張で訪れた日本で日韓雇用市場の温度差を感じた」として「地下鉄に掲示された女性の再就職情報」「東京五輪関係の警備員・清掃員の募集広告」「コンビニやデリバリーにおける外国人の雇用増加」などが目に付いたと伝えている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング