写真

中国メディアの新浪網はイラン問題など米国の中東政策を厳しく批判する記事を発表した。記事は安倍首相が訪日したイランのザリフ外相と会談した(写真)のは異例として、日本は米国の盟友ではあるが、自らの国益のために動いていると主張した。

中国メディアの新浪網は2019年5月19日付で、イラン問題など米国の中東政策を厳しく批判する記事を発表した。記事は同政策が「日本のエネルギー安全に深刻な脅威を与えている」と主張し、日本は米国の同盟国ではあるが、同問題については安倍首相を初めとして、自国の国益のための動きを見せていると論じた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング