写真

24日、中国メディア・澎湃新聞によると、日本の閣僚から日本人名のローマ字表記の見直しを訴える声が上がったことに、中国の専門家が「東方意識の覚醒」と高い評価を寄せた。資料写真。

2019年5月24日、中国メディア・澎湃新聞によると、日本の閣僚から日本人名のローマ字表記の見直しを訴える声が上がったことに、中国の専門家が「東方意識の覚醒」と高い評価を寄せた。 現在、欧米式の「名-姓」の順で記される日本人名のローマ字表記について、柴山昌彦文部科学相は21日、文化庁が近く、「姓-名」の順にするよう要請する通知を行政機関などに出すと表明。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング