写真

中国政府で台湾問題を所管する国務院台湾事務弁公室(国台弁)の安峰山報道官は12日に開催された同弁公室の記者会見で、台湾の「武力解放」を否定せず、「われわれ一切の必要な措置を取る選択を保留する」と述べた。

中国政府で台湾問題を所管する国務院台湾事務弁公室(国台弁)の安峰山報道官は12日に開催された同弁公室の記者会見で、台湾の「武力解放」を否定せず、「われわれは一切の必要な措置を取る選択を保留する」と述べた。中国共産党機関紙の人民日報系の海外情報サイト、海外網が2019年6月12日付で報じた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング