写真

米誌・フォーチュンは17日、スイス銀行UBSグループのエコノミストが報告書の中で中国人差別と解釈されうる表現を使用して問題になったことを受け、中国の一部の企業がスイス銀行との取引を停止したと報じた。資料写真。

米誌・フォーチュンは17日、スイス銀行UBSグループのエコノミストが報告書の中で中国人差別と解釈されうる表現を使用して問題になったことを受け、中国の一部の企業がスイス銀行との取引を停止したことを報じた。19日、中国メディア・参考消息はこれを「『中国侮辱事件』の結果は深刻だ」伝えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング