写真

新華国際は22日、米中貿易摩擦の影響下における米国内の中国料理店の状況について伝えた。ニューヨークのチャイナタウンであるフラッシング。

新華国際は22日、米中貿易摩擦の影響下における米国内の中国料理店の状況について伝えた。 記事はまず「中米貿易摩擦が始まってはや1年。最近、米国政府はますますその激しさに輪をかけ、2000億ドル相当の中国商品に対して輸入関税を10%から25%に引き上げた」と紹介。「対中輸入関税の大幅引き上げは中国からの輸入商品に依存して商売をしている米国の商人に深刻な影響を与えているが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング