写真

中国のスポーツメディア・騰訊体育は27日、サッカーのACL決勝トーナメント1回戦で韓国の全北現代が中国の上海上港に敗れたことについて、韓国の一部のメディアから「上海は審判のひいきを受けた」との指摘が出ていると伝えた。写真は上海上港。

中国のスポーツメディア・騰訊体育は27日、サッカーのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦で韓国の全北現代が中国の上海上港に敗れたことについて、韓国の一部のメディアから「上海は審判のひいきを受けた」との指摘が出ていると伝えた。 26日に行われたセカンドレグ(第2戦)は、全北がキム・シヌクのゴールで先制するも、終盤に上海がブラジル人FWフッキのゴールで同点に追いつき、1-1で試合終了。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング