写真

11日、中国メディアの観察者網は、日本政府が半導体原料の対韓輸出規制を強化したことで、韓国国内の商業者がDRAMメモリーを値上げしたり、値上げ前の注文を一方的にキャンセルする動きに出ていることを「火事場泥棒」との表現で報じた。

2019年7月11日、中国メディアの観察者網は、日本政府が半導体原料の対韓輸出規制を強化したことで、韓国国内の商業者がDRAMメモリーを値上げしたり、値上げ前の注文を一方的にキャンセルする動きに出ていることを「火事場泥棒」との表現で報じた。 記事は、韓国の華字紙・亜州日報の11日付報道を引用。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング