写真

12日、環球時報は、中国人の日本に対する認識は偏っていると指摘する記事を掲載した。資料写真。

2019年7月12日、環球時報は、中国人の日本に対する認識は偏っていると指摘する記事を掲載した。著者は復旦大学日本研究センターの王広濤(ワン・グアンタオ)氏。 王氏は、「中国国内の日本に対する認識は、特にソーシャルネットワークにおいて『日本は衰退した』という見方と、『日本はすごい』という2つに極端に分かれる」と指摘した。 その上で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング