写真

16日、韓国サムスン電子の副会長で、サムスングループの事実上の経営トップの李在鎔氏は、日本の輸出規制の長期化に備え、社内主要部門の幹部らに「持久戦」計画の策定を指示したという。資料写真。

2019年7月16日、中国のテクノロジー系ニュースサイトの騰訊科技は、日本政府が韓国に対する半導体材料などの輸出規制を強化したことに関連し、韓国サムスン電子の副会長で、サムスングループの事実上の経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)氏が、日本の輸出規制の長期化に備え、社内主要部門の幹部らに「持久戦」計画の策定を指示したと報じた。 記事は、韓国メディアの報道を引用し、李副会長が日本への出張から戻った後、半導体やディスプレーなど主要部門の幹部を集めて緊急会議を開いたことを紹介した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング