写真

17日、中関村在線は日本経済新聞社がまとめた2018年の「主要商品・サービスシェア調査」を引用し、過去に日本、韓国企業が主要な地位を占めていた液晶パネル市場において、中国企業が攻勢を強めていることを説明した。

2019年7月17日、中関村在線は日本経済新聞社がまとめた2018年の「主要商品・サービスシェア調査」を引用し、過去に日本、韓国、台湾企業が主要な地位を占めていた液晶パネル市場において、中国企業が攻勢を強めていることを説明した。 記事はまず、大型パネルについて、世界1位の韓国・LGディスプレーと2位の中国・京東方科技集団(BOE)との間の差が縮まりつつあることを紹介。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング