写真

韓国大統領府は19日、日本の外務大臣が同日駐日韓国大使を呼んで会見した件について、「国際法に違反する行為をしているのは日本側であり、韓国と日本は外交ルートを通じて双方の対立を解決するべきだ」とした。

韓国大統領府は19日、日本の外務大臣が同日駐日韓国大使を呼んで会見した件について、「国際法に違反する行為をしているのは日本側であり、韓国と日本は外交ルートを通じて双方の対立を解決するべきだ」とした。新華社が伝えた。 大統領府国家安保室の金鉉宗第2次長は、「日本側が当時労働者を強制徴用した行為は国際法に違反し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング