写真

13日、韓国・京郷新聞によると、米韓連合司令官が「日韓軍事情報包括保護協定が終了すれば誤解を与えかねない」と懸念を示した。写真は南北境界付近。

2019年11月13日、韓国・京郷新聞によると、米韓連合司令官が「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が終了すれば誤解を与えかねない」と懸念を示した。 記事によると、ロバート・エイブラムス米韓連合司令官兼駐韓米軍司令官は12日、京畿道平沢市の米軍基地で行われた記者会見で「GSOMIAは原則として日韓両国が歴史的な隔たりを差し置いて地域の安全と安保に集中しているというメッセージを持つ」と述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング