写真

11日、日本政府は空気圧バルブ紛争をめぐる世界貿易機関の最終判断で勝利したと発表した。しかし韓国・マネートゥデイによると、これに対し韓国政府は「自己中心的な解釈だ」と反論し、「韓国の勝訴が確定した」と主張している。写真はWTO本部。

2019年9月11日、日本政府は空気圧バルブ紛争をめぐる世界貿易機関(WTO)の最終判断で勝利したと発表した。しかし韓国・マネートゥデイによると、韓国政府は「自己中心的な解釈だ」と反論し、「韓国の勝訴が確定した」と主張している。 記事によると、韓国政府はWTOが「韓国の反ダンピング(不当廉売)課税は違反性が立証されない」として「韓国勝訴」の判断を下したと発表した。一方、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング