写真

空軍報道官の申進科大佐は、中国が独自に研究開発した新世代ステルス戦闘機「殲-20」の最新状況について、「新時代の兵士訓練・作戦準備において、『殲-20』戦闘機は中国空軍の『エース部隊』に配備されている」と説明した。

中国空軍成立70周年祝賀航空開放イベントについて13日に開かれた記者会見で、空軍報道官の申進科(シェン・ジンコー)大佐は、中国が独自に研究開発した新世代ステルス戦闘機「殲-20」の最新状況について、「新時代の兵士訓練・作戦準備において、『殲-20』戦闘機は中国空軍の『エース部隊』に配備されている」と説明した。新華社が伝えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング